■i-mode ■English
串本町観光協会サイト内検索
 
枯れ木灘から本州最南端の潮岬、熊野灘にかけては、磯釣り、船釣りのメッカ!大阪から3時間あまり、名古屋からは4時間程度の近さから、関西中京方面からはもとより、四国、関東方面からのお客様も増えています。
豊富な魚種、魚影のため、毎年、大きな釣り大会も開催され、知名度は以前にも増して上がっています。
磯釣り、トローリング、オフショア等のトーナメントなどでは、大型石鯛、グレ、カジキ、シイラ、マグロなどが記録されています。
 串本の磯釣り
串本町内の磯釣りポイントは大きく分けて、本州最南端黒潮の打ち寄せる「潮岬」、分水流の影響を受ける「出雲」「紀伊大島」そして、「古座」、「有田」「和深」の磯にに分けられます。紀伊大島は通夜島周りの磯と須江の磯、そして樫野の磯に分かれます。
潮岬は言うまでもなく、本州最南端、魚種、魚影ともに多く、型も大型が釣れ、超ド級グレ「太郎さん」「花子さん」の話は有名で、関西磯釣りファンはもちろん、遠くは四国、中部、関東方面の磯釣りファンにも人気があります。
分水流の西進する枯れ木灘の磯「有田」「田並」「和深」の各磯は、超大型こそでませんが、魚種、魚影も濃く、やはり人気の磯です。また、紀伊大島、通夜島を中心とした須江渡船区の磯や、出雲の磯、樫野崎を中心とした樫野の磯も、寒グレシーズンやイシダイ、イシガキダイなど底物シーズンは、大変賑わいます。
各渡船の船頭さんも”ベテラン船頭さん”から”若手船頭さん”まで、根っからの釣り好き揃い!ちょっと目は無愛想に見えますが、シャイで純真な海の男ばかりで、皆さんのお越しをお持ちしています。
 船釣り・カセ釣り
串本潮岬沖を中心に、例年シーズンが始まると大物を求め船釣りの遊漁船が賑わいます。ヒラマサ、カンパチ、メジロ、ハマチ・・・1mを超える大物も珍しくなく、関西はもとより、四国、中国、中部地方から船釣りファンが訪れます。
また、カセ釣りは、静かな串本の湾内に設置した小船から釣る珍しい釣りで、気軽に大物釣りが楽しめる環境を整えて、皆様のお越しをベテラン漁師がお待ちしています。
静かな湾内とは言え、雄大な太平洋に面した海には、90cmを越えるような大ヒラメや70cmもあるマダイなど、思わぬ大物に出合う事もあります。
 オフショアー
マリンレジャーの多様化やフィッシングの多様化で、近年、ファンが急増しているのがルアーなどの疑似餌を使って釣るオフショアで、串本沖では、大型のシイラ、カンパチ、メジロ、ヒラマサなどが釣れ、クエやハタ類の大物も釣れます。
毎年、串本町では「潮岬オフショアトーナメント」という大きな大会も催され、年々参加者が増えており、女性チームの参加や在日外国人の方の参加もみられます。

「潮岬オフショアートーナメント公式ホームページ」
 エギング
エギングは近年、幅広い年齢層にファンが増えてきた、餌木(ルアーの一種)で主にアオリイカを釣る釣法で、日本古来のルアーと言え、漁師が松明を持って船上で作業していた時に、松明を海中に落としたところそれにイカが抱きついたことから始まったとされています。
観光協会では、従来行われていた「ラブ太平洋串本釣り大会」を、2012年から「ラブ太平洋串本エギング大会」とし、毎年、串本町内を舞台にアオリイカとのバトルを繰り広げています。

「ラブ太平洋串本エギング大会公式ホームページ」



・串本の魅力/見る ・グルメ/特産品 ・遊ぶ/潜る/体験する ・泊まる/宿泊施設 ・釣る/渡船/遊漁船
・イベント/お祭り ・観光協会会員ページ ・アクセス/交通 ・リンク/広告 ・お知らせ
・レンタサイクル ・チャレンジ串本検定 ・サイトポリシー ・著作権に関する事項 ・免責事項

・串本町観光協会
 649-3503
 和歌山県東牟婁郡串本町串本33
(JR串本駅構内)
・営業時間:08:30〜17:15 年中無休
・電話0735−62−3171  FAX 0735−62−1070
串本町観光協会へのお問い合せ、
 パンフレット請求などは下記アドレスへ…
 串本町観光協会担当  e-mail
 info@kankou-kushimoto.jp
Copyright (C) Kankou-Kushimoto All Rights Reserved